意識低め主婦ブログ

意識低め主婦のブログ

次女が黄疸で3回も入院したよ

こんにちは、とうこです。

次女が生まれて2ヶ月が経ちました。1ヶ月健診でも順調に育っているということで一安心でした!

f:id:abcc421:20180504093112p:plain
が!実は次女は生まれてからすぐ3回ほど入院していました(^o^;)
なぜ入院していたかというと新生児によくある黄疸です。まさかそれでこんなに入院することになるとは思ってもなかったので大変でした…。

長女の時も産後3日目くらいに黄疸が出て光線治療をしたんですけど、退院は二人一緒に退院出来てその後も何も問題なかったんですよね。

黄疸との戦いの始まり…一緒に退院できない\(^o^)/


しかし次女はそうはいかなかった…。まず、長女の時より黄疸が出るのが遅くて二人一緒に退院できず…。
そして入院延長になると2日後に黄疸の数値を確認するために通院してまた検査。次女はここでも数値が上がっていて入院決定、病院に逆戻り\(^o^)/

ちなみに光線治療とは目に保護シールを貼って日サロみたいな光を当てる治療です。(※めっちゃ雑な説明です)

黄疸での入院はこんな感じ


黄疸の光線治療は入院するとだいたい2泊3日。入院中はできるだけ毎日通って授乳しに行ってさらに夜用の母乳は搾乳した母乳を母乳バッグに入れて凍らせて持っていってました。
病院によって違うかもしれないけど、私が出産した病院はこんな感じ。

光線治療の流れは、血液検査で数値が引っ掛かる→光線治療始める(1日)→光線治療やめる(1日)→次の日の朝再検査。ここで数値がちゃんと下がってれば、無事退院!


退院しても検査で通院…そしてまた入院


2日後に検査のためまたまた病院へ。その検査で数値が徐々に上がってきてたので2日後にまたまたまた検査…。そしてやっぱり数値が上がっていてまた入院\(^o^)/

そして光線治療で数値が下がって退院、2日後に検査。その検査でまたちょっと数値が上がってたので1週間後にまた検査…またまた入院\(^o^)/

黄疸との決着に約1か月かかった。゚(゚^o^゚)゚。


そのあと無事退院して2日後の検査ではじめて数値が今までで1番下がって、そのまま1ヶ月健診も血液検査までいくことなく、ピッとする機械だけでクリア!やっと黄疸との戦いに終止符が打たれたのでした…。

最初の延長分もカウントすると計4回の入院で次女は半月くらい病院にいました…_(:3 」∠)_
あまりのしんどさ&長女を見てもらう人がいなくて、最後の入院の時は1日授乳を休みました(^^;)

お金はめっちゃかかったけどちゃんと返ってくるみたい


かかったお金は1回の入院につき、約2万5千円でした。ヒーヒー言いながら払ってたんですけど、ちゃんと調べると全額返ってくる事が判明!
高額療養費制度を使ってから、市町村の福祉医療費の支給申請をすれば全額戻ってくる…みたいです!
まだ手続き終わってないので無事全額返ってきたらまた詳しく書きたいと思います。

大変だけど徐々に良くなっていく


もし次女が1人目だったら確実に心が病んだと思うけど、2人目だったのでそこまで落ち込むことなく。ただひたすら疲れて疲れて…。だって私も産後1週間とかだったんだもん…。
黄疸っていうのはほとんどがもう本当にしょうがないというかその子の体質らしいので、ひたすら付き合ってあげるしかありません。誰も悪くないのでお母さんたちは気に病まないで「こういう子なのね~」と思っておきましょう!